指圧・マッサージの情報サイト【ツボ.ドットコム】

指圧とマッサージの情報サイト。ツボと経絡、指圧の効果的な押圧法の解説まで、図解入りでまとめています。
MENU

指圧と押圧法の効果を考える

皆さんの指圧のイメージは、たぶん指でツボを押すということだと思います。
もちろん、指圧なんだから指で体を圧していきます。適度な強さで押してもら
うと気持ちいいですよね。

 

指圧には、いろいろな流派があり指でツボを押すだけの指圧と、経絡という気の

流れる線を押して気の流れを整える指圧もあります。体表の反射面を手掌で押圧
しながら、指や手で経絡を圧して気の流れを整える方法も海外では、Zen Shiatsu
と言われ人気があります。

 

指圧の効果を簡単に説明しますと、筋肉のコリをほぐして血液やリンパ液の流れを
良くします。その結果、カラダの自然治癒能力が高まり、元気が出てきます。

 

そして、持続圧(支え圧)は副交感神経の働きを優位な状態に導き、自律神経を
落ち着かせリラックスさせる効果もあり、ストレス性の症状にも有効です。

 


 

基本になるのがツボ

まず、基本になるのがツボと言われる体表の反射点になります。

WHO本部では、361個のツボを国際基準として定めています。外国の人は、ツボを番号で覚えています。 361箇所以外の反応点もツボと同様に使いますし、日本と中国ではツボの位置が若干異なったりしているところもあります。

 

ツボの名前を覚えなくても、関節の周りや筋肉の走向に沿ってツボが沢山あるので、指の感覚が良ければ、ツボを捕まえることは可能です。次に見ていくのは、経絡と言われる気の流れる線です。経絡は、ツボとツボをつなぎ全身に気を巡らせています。

 

この経絡も国際基準では、全身14経絡となっております。体の中心の前後に任脈と督脈の2経絡が流れていて、左右を対称に12経絡が順番につながって気が循環しております。経絡を流れている気が滞ると体調が悪くなり、病気になると古代中国では考えていました。

 

手の感覚が良くなると経絡を流れる気の滞りを見つけられ、気の流れを改善することが出来るようになってきます。背中の12経絡の反応部位です。背候診と言われ、お腹の腹証と合わせ経絡指圧では、診断と治療に用いられ、12経絡をそれぞれ面として捉えるところです。

 

全身を走向する経絡(線)と、お腹と背中の経絡(面)の気の流れの歪みを調えて、治療を行います。施術には、指以外に手掌やヒジを使ってお腹や背中の押圧を行います。

更新履歴
このページの先頭へ