生命維持に欠かせない呼吸

呼吸とは吸って吐くことの繰り返しです。 体内に新鮮な酸素を取り入れ、血液中の二酸化炭素を排出します。これは、肺を中心に行われるので【肺循環】もしくは【ガス交換】と言います。もう一つは、体の各組織や器官に酸素や栄養を配給し、老廃物や炭酸ガスを運びだす大きな循環を【体循環】と言います。

 

酸素が体内に取り込まれると、血液内の赤血球とくっついて各細胞に届けられます。
酸素は細胞が増えたり、働いたりするのに多く必要です。酸素が不足するとせっかくの栄養素を使いこなせず循環がうまくいかなくなり、細胞の活動が低下し身体に色々な害をもたらします。必要十分な酸素が身体中に行き渡っていると細胞や血液、そして臓器がきちんと自分たちの役割を果たします。脳に十分な量の酸素が届いていることはとても重要な身体のしくみです。

 

酸素とブドウ糖は脳にとって最も大切なエネルギー源です。これらが充分に脳に届くと、脳の働きが活発になり、身体に有害な乳酸(疲労をつくる物質)の濃度が下がり、疲れにくい状態になり「集中力」や「記憶力」が高まります。

 

脳は同量の筋肉の10倍の酸素が必要で酸欠になると身体よりもまず脳が麻痺してしまいます。
脳は心臓からの『充分な酸素を含んだ血流量』を身体全体に対し、およそ20%が必要と言われています。
例えば脳に血流が10秒以上届かないと意識を失います。
ブドウ糖は体内に多く備蓄できず、食後ほぼ4時間で吸収が終わります。足りなくなったブドウ糖の補給には肝臓などに蓄積されているグリコーゲンをブドウ糖に換えて脳に供給し、約12時間ほどまかなうことができます。それを超えてブドウ糖の供給が断たれると神経細胞は死滅してしまうそうです。

 

酸素は呼吸で取り入れられた場合、決められた量を守り血液に溶けるのですが、高濃度の酸素を気体で吸いすぎると急激に酸素が脳に集まり酸欠と似た症状(頭がふらふら)が出て脳に弊害が起きます。
60%以上の高濃度酸素を12時間以上吸引すると、肺の充血がみられ、最悪の場合、失明や死亡する危険性があるとのことです。